歯ぐきの腫れや出血、口臭があったら歯周病を疑いましょう

「歯ぐきが赤く腫れている」「ブラッシングで血が出る」「口臭が気になる」などという方は、歯周病の疑いがあります。歯周病はお口の中の歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起きることからはじまり、徐々に歯を支える顎の骨や歯ぐきが溶かされていく病気。悪化すると歯は支えを失い、最後には抜け落ちてしまいます。

歯周病は気づかないうちに重度まで進行してしまうことが少なくないので、早期発見・早期治療が肝心です。少しでも異変に気づいたら、できるだけ早く取手市の歯医者「森歯科医院」へご来院ください。

歯周病は全身に影響を与える?

歯周病はお口の中だけでなく、全身にも悪影響を与える病気です。関係する病気は、以下をご覧ください。歯周病治療は、全身の健康のためにも重要な治療。できるだけ早く、適切な治療を受けるようにしましょう。

歯周病が原因で発症・重症化し得る主なトラブル

肺炎

糖尿病

脳梗塞

狭心症

心筋梗塞

骨粗しょう症

低体重児出産

早産

アルツハイマー病

当院の歯周病治療

スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行う治療です。スケーラーという専用器具を用いて、毎日のブラッシングでは取り除けないプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれない歯周ポケット奥深くのプラークや歯石を、キュレットという器具を用いて除去する方法です。スケーリング後のでこぼこな歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケットそうは術
歯ぐきに麻酔をしたうえで、歯周ポケットの奥深くに入り込んだ歯石や感染部分を取り除きます。スケーリングやルートプレーニングで改善が見込めない中等度の歯周病に対しておこないます。
フラップ手術
歯ぐきを切開してめくり上げ、歯根面を見えるようにしてから歯石や感染部分を取り除く外科的処置です。歯周ポケットそうは術でも改善できない中等度~重度の歯周病に対しておこないます。

当院の歯周病治療についての考え

歯周病治療の基本はセルフケアです

「歯周病は歯科医院で治療して終わり」ではありません。再発しやすく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも深く関わるため、治療後もきちんと健康な状態を維持することが重要です。歯周病治療の基本は、毎日のセルフケア。ご自身の将来のために、歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシなどを使って、毎日正しくケアしていきましょう。当院では、患者様一人ひとりに適したセルフケアの方法をアドバイスいたします。

歯ぎしりも歯周病の原因になります

実は歯ぎしりも、歯周病に悪影響を与えています。歯ぎしりによって強い力が加わることで、歯ぐきなどの歯周組織の炎症が悪化。さらに、歯を支えている骨の破壊にもつながることから、歯を失いやすくなってしまうのです。歯ぎしりは自分ではなかなか気づけないもの。ご家族などに歯ぎしりを指摘されたことがあるという方は歯周病のリスクが高いと考えられるので、一度ご相談ください。

ページの先頭へ戻る