妊娠中はお口の中も変化する時期です

「妊娠中は歯の治療ができない」と思っていませんか? 実際には、そんなことはありません。妊娠中にはつわりがあったり、ホルモンバランスが変化したりするため、口腔内環境は悪化しがち。むしろ一度は歯医者で検診を受け、必要であればきちんと治療を受けるべき時期なのです。

また、妊娠中に歯周病にかかると早産や低体重児早産の確率を高めてしまうことがわかっています。お母様のお口はもちろん、生まれてくる赤ちゃんの身体のためにも、妊娠したら一度検診を受けに取手市の「森歯科医院」までお越しください。

妊娠中の検診のタイミング

妊娠したら検診を受けていただきたいのですが、治療はいつでも受けられるというわけではありません。妊娠中に歯科治療を受けるには、時期を選ぶことが大切です。

妊娠1~4ヶ月 妊娠5~8ヶ月 妊娠9ヶ月~臨月
つわりがひどく、切迫流産の危険性もある時期。このタイミングでは、歯科治療を控えたほうがよいでしょう。 安定期とも呼ばれる妊娠中期。つわりが落ち着く頃でもあり、この時期がもっとも治療に適しています。 出産が間近に迫る頃。母体への負担を考え、できれば治療を避けたい時期です。緊急の場合を除き、産後落ち着くまで待ちましょう。

妊娠中におこなってほしいケア

お口の環境が悪化しやすい妊娠中は、いつも以上にお口のケアに注意が必要です。

ブラッシング 吐き気がひどいとブラッシングができないこともあるでしょう。ヘッドが小さい歯ブラシを選び、気分がいいタイミングを見つけてできるだけ丁寧にみがきましょう。
うがい 妊娠初期のつわりがきつい時期には、こまめなうがいを心がけましょう。お茶やお水でうがいをするだけでも予防効果があります。
フロスの使用 歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシも使って、歯の間の汚れを落としましょう。
キシリトールの活用 キシリトールは歯質を強くし、虫歯予防につながります。キシリトール入りのガムやタブレットを、積極的に摂取することをおすすめします。

当院の妊娠中の歯科治療についての考え

虫歯治療は安定期のうちに

虫歯治療に適しているのは妊娠中期(安定期)です。妊娠後期に入るとお腹も大きくなり、診察台に横たわるだけでつらくなる方もいます。また「出産後に行こう」と思っていても、出産後は「子育てで息つく暇もない……」というケースがほとんどでしょう。ですので、妊娠中期に入ったら、悪いところがなくても一度ご来院ください。

ページの先頭へ戻る