しみるのは虫歯のせいかも?

「歯がしみる」「歯が痛い」などという症状が現れたら、虫歯ができているかもしれません。虫歯は初期段階では自覚症状がほとんどないため、症状が現れたときにはすでにかなり進行している可能性もあります。虫歯ができてしまったら、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。「虫歯かな?」と思ったらすぐ、取手市の歯医者「森歯科医院」へご来院ください。

また、虫歯は歯周病と同様に再発しやすい病気です。再び痛みをともなう治療が必要にならない状態を維持するためにも、半年に一度は当院の定期検診にお越しいただくことをおすすめします。

虫歯の原因

虫歯の原因には、次の4つが挙げられます。

原因1:虫歯菌 原因2:糖分

お口の中に棲む虫歯菌は、食べカスの中に含まれる糖分をエサにして酸を出し、この酸が歯を徐々に溶かしてきます。これが虫歯です。

お口の中に糖分が多く残っていると、虫歯になりやすくなります。糖分を控えること、毎日のブラッシングできちんと落とすことが大切です。

原因3:歯質 原因4:時間の経過

歯質には、もともと虫歯になりやすいタイプと、なりにくいタイプがあります。歯質を強化するには、フッ素塗布などの予防処置が効果的です。

お口の中に糖分が長く残っていればいるほど、虫歯菌は活発に動きます。その意味で、“だらだら食べ”はとくによくありません。

虫歯は、この4つの原因が複合的に重なり合って発症します。虫歯を予防するには、この4つを意識して虫歯になりにくい口腔内環境をつくっていくことが大切なのです。

新しい虫歯診断~ダイアグノデント~

虫歯治療で大切なことは、進行段階に適した治療を確実におこなうこと。目視では見つけにくい歯と歯の間のごく初期の虫歯も、見逃さないようにしなくてはなりません。

取手市の歯医者「森歯科医院」では、虫歯の発見や正確な診断に役立つ「ダイアグノデント」を採用しています。ダイアグノデントとは、レーザー光線を歯に照射することで虫歯の進行度を数値化できる機械のこと。これによって、従来の“医師の勘や経験に頼った診察”であれば見逃しかねなかったごく初期の虫歯も確実に見つけることができ、時期を逃さず治療することが可能になります。

親知らずが気になったら

他の永久歯とは異なり、大人になってから生えてくる親知らず。奥歯のさらに奥に生える親知らずですが、まったく生えない人もいれば、生え方が悪くて歯ぐきの中に埋まったままの人もいます。まっすぐに生えることは珍しく、多くの場合は横を向いたり斜めに生えてきたりするため、周囲にさまざまなトラブルをもたらします。

親知らずが痛む理由

親知らずがまっすぐに生えていないと、痛みが生じることが少なくありません。親知らずが痛む場合には、以下のような原因が考えられます。

  • 親知らずが生える際に周囲の歯を圧迫する
  • 親知らずと歯ぐきの間に汚れが入って炎症が起きる
  • 親知らずがむし歯になる
  • 親知らずが頬の粘膜を傷付けている

親知らずの生え方がよくないと、親知らずと歯ぐきの間にポケットができることでむし歯や歯周病を招きやすくなります。そのため多くのケースで「抜歯が必要」と診断されますが、中には正しく生えている親知らずもあり、その場合は抜歯する必要がありません。抜歯すべきか否かは診察してみなければわかりませんので、気になる方は当院までお越しください。気になったことがない若い方でも、20歳くらいになったら一度ご来院いただくことをおすすめします。

ページの先頭へ戻る